南仏コート・ジュール小旅行 ニース〜サン=ポール=ド=ヴァンス〜モナコの想い出
 

IMG_1299_R.JPG

ニース 暖かくて気持ちいい日の夕方の地中海

 

IMG_1272_R.JPG

ニースから路線バスで約40分 山の上の美しい村サン=ポール=ド=ヴァンスSaint-Paul-de-Venceからの眺め

 

IMG_1273_R.JPG

 

IMG_1288_R.JPG

路地が美しい村

 

IMG_1290_R.JPG

突然民家の窓から飛び降りてきた猫

 

IMG_1342_R.JPG

グレース・ケリー公妃の旦那様 モナコ公国大公レーニエ3世のカーコレクションミュージアム The Exhibition of HSH The Prince of Monaco's Vintage Car Collection

 

IMG_1302_R.JPG

 

IMG_1339_R.JPG

 

IMG_1335_R.JPG

 

IMG_1315_R.JPG

 

IMG_1344_R.JPG

2018年F1モナコグランプリに向けての準備は既に始まっていた。その前にGrand Prix de Monaco Historiqueが開催される。

 

IMG_1345_R.JPG

 

IMG_1346_R.JPG

 

IMG_1349_R.JPG

 

IMG_1354_R.JPG

 

IMG_1359_R.JPG

 

JUGEMテーマ:フランス

category:旅行・小旅行・散歩
comments(0), trackbacks(0)
南フランス ニースで電気自動車カーシェアリングサービスAuto Bleueを利用する
https://www.auto-bleue.org/en

コートダジュール小旅行中に、ニースの電気自動車カーシェアリングサービスAuto Bleueを利用してみました。予めAuto Bleueのウェブサイトでレジストレーションを済ませておきます(フランス語だけでなく英語ページもあります)。

 

このカードがAuto Bleue badge、カードがチャージャーと車の鍵となります。ウェブサイトでのレジストレーション完了後、このカードを郵送で送ってもらうこともできますが、フランス国鉄SNCF ニース駅近くのAgencyカウンターで受け取ることもできます。私はカウンター受け取りを選択しました。カウンターの女性はフランス語しか話せず、英語で言ったことは理解しているようでしたが全てフランス語で返ってきました。カード受け取り後、Auto BleueのカスタマーサービスにEmailで連絡を入れるとすぐにアクティベートしてくれました。これでAuto Bleueのウェブサイトかスマートフォンアプリ経由で車の予約を行うことができます。

 

今回はピックアップステーションに返却するタリフ'ZEN'でRenault ZOEをレンタルしてニースからモナコへ出かけました。初めての電気自動車ドライブで緊張しました。100%充電状態でmax99kmと表示されました。


フランスですので当たり前ですが車は外も中も汚いです。Renault ZOE自体もシートが低反発ウレタンのような感覚で背中に熱が篭りやすくステアリングの素材も握りにくく、普段乗っているVW Golfと比較するお世辞にも快適とは言えない車です。でも初めて電気自動車、バッテリーの減り方・回生の仕方が面白くて、また地中海を見下ろす絶壁沿いのアップダウン・ワインディングのあるルートを走ることができとてもスリリングな体験でした。初期登録料は24ユーロ、6時間40分利用で32.05ユーロでした。選択するステーション・空き状況次第ですが他にもPEUGEOT iOnやRENAULT KANGOOも選べます。

 

JUGEMテーマ:車/バイク

category:車・モータースポーツ
comments(0), trackbacks(0)
ベルギー リエージュ 374段の階段Montagne de Buerenを登る

2018年イースター連休中、車でベルギー リエージュへ。ベルギーの公用語はフランス語・オランダ語(フラマン)と僅かにドイツ語。リエージュLiegeとはワロン地方の町なのでフランス語表記、オランダ語ではルイクLuik、ドイツ語ではルュティッヒLüttichとなります。

 

リエージュには2013年にハフィントンポスのMost Extreme Staircases 1位にランクされた374段の階段Montagne de Buerenがあります。15世紀に Duke of Burgundy, Charles the Boldの攻撃から町を守ったVincent de Buerenに因んで命名されたそうで、その戦闘で死亡した600人の兵士を称える為1881年に建造されました。

 

20180331143752_R.JPG

私は上からアプローチ

 

20180331143823_R.JPG

 

20180331143955_R.JPG

 

20180331144248_R.JPG

下から見上げると途方に暮れます。

 

20180331144428_R.JPG

登りは覚悟しましょう。リエージュの街中はベルギーのワロン地方っぽい感じの雰囲気で、こじんまりとしているけれどもちゃんとお店もあって楽しめます。

 

JUGEMテーマ:ベルギー

category:旅行・小旅行・散歩
comments(0), trackbacks(0)