ミュンヘン交通博物館 Part1/2鉄道編 Verkehrszentrum - Deutsches Museum Part1/2

http://www.deutsches-museum.de/verkehrszentrum/information/besucherinformation/

少し前に、ミュンヘンにあるドイツ博物館Deutsches Museumの分館ミュンヘン交通博物館Verkehrszentrumも行きました。今回は展示物のうち鉄道車両の画像をアップします。

 

IMG_8108_R.JPG

フランクフルトからミュンヘンへはICEで。この路線には、Siemens/Bombardier製 ICE3 DB-Baureihe 403も配備されています。

 

IMG_8063_R.JPG

こちらが入口。3つのホールからなるこのVerkehrszentrumの建物は、1907年にWilhelm Bertschにより設計され1908年にメッセミュンヘンの一部としてオープンしたものを継承しメンテナンスしながら使用しています。

 

IMG_8061_R.JPG

最寄はU-Bahn Schwantalerhöhe、建物前の広場には巨大なカタツムリSchneckeがいます。2007年からいるそうで、名前は "Ilse"だそうです。

 

IMG_7934_R.JPG

 

IMG_7935_R.JPG

 

IMG_7939_R.JPG

 

IMG_7968_R.JPG

 

IMG_7969_R.JPG

 

IMG_7973_R.JPG

 

IMG_7975_R.JPG

 

IMG_7976_R.JPG

 

IMG_7983_R.JPG

 

IMG_7984_R.JPG

 

IMG_7985_R.JPG

 

IMG_7986_R.JPG

1927年製Berlin S-Bahn ET165、ベルリンS-Bahnのカラーリングを見ると「あ、ベルリンへ行こう」とふと思ってしまいます。

 

IMG_7987_R.JPG

 

IMG_7989_R.JPG

 

IMG_7990_R.JPG

 

IMG_7993_R.JPG

私が日本で働いた頃2000年代前半、ドイツへ来てデュッセルドルフに立ち寄った時には、まだ一部の停留所にはこんなタイプの券売機が残っていたように思います。

 

IMG_7995_R.JPG

 

IMG_7997_R.JPG

 

IMG_7999_R.JPG

これは現行のミュンヘンU-Bahn車両のモーター

 

IMG_8001_R.JPG

 

IMG_8005_R.JPG

 

IMG_8008_R.JPG

 

IMG_8014_R.JPG

 

IMG_8015_R.JPG

 

IMG_8009_R.JPG

ICE-Vの先頭車両。VはVersuchszugの頭文字、つまりICE開発に際しての試験車両です。

 

IMG_8022_R.JPG

 

IMG_8023_R.JPG

 

IMG_8024_R.JPG

 

IMG_8020_R.JPG

 

IMG_8016_R.JPG

 

IMG_8017_R.JPG

 

IMG_8018_R.JPG

 

IMG_8030_R.JPG

 

IMG_8031_R.JPG

 

IMG_8035_R.JPG

 

IMG_8036_R.JPG

 

IMG_8059_R.JPG

1879年Siemens & Halske製 世界最初の電気機関車、"客車"部分がベンチになっているこの車両がある意味で最も印象的でした。先人の試行錯誤が感じられます。

 

IMG_8042_R.JPG

 

JUGEMテーマ:鉄道

category:その他博物館・ミュージアム
comments(0), trackbacks(0)
フランクフルト マインフェスト Mainfest 2016の花火

毎年8月上旬にフランクフルト マイン川沿いを中心に4日間開催されるマインフェストMainfest、最終日の月曜夜にラストを締めくくる花火が打ち上げられます。

 

IMG_8160_R.JPG

 

IMG_8158_R.JPG

 

IMG_8133_R.JPG

 

IMG_8115_R.JPG

 

日本の花火大会の規模とは比べるべくもありませんが、夏に花火を見れるのはありがたいです。今年は冷夏でフランクフルトで30℃に乗ったのは今のところ7日、もう夜は半袖では寒いです。次の花火は、8月下旬にマイン川の対岸Sachsenhausen側で開催されるMuseumsuferfestの最終日に見ることができます。

 

 

JUGEMテーマ:花火大会

category:海外生活
comments(0), trackbacks(0)
ハンブルク ミニチュアワンダーランドの裏側

 

世界的に有名なハンブルクの鉄道模型テーマパークMiniatur Wunderland、私は1回だけ行った事がありますがとても広く精巧で感動しました。来場者もとても多いですが入場時間帯毎に入場数制限を行っていますし事前にオンラインでチケット予約が可能なので、日本のように不要な混乱を招くこともありません。但し、一人一人が上にも横にも嵩張っていますので、密度の面ではむしろこっちの方が高いかもしれません。

 

Miniatur Wunderlandには"Knuffingen Airport"と呼ばれる空港エリアがあり、ターミナルの風景や離着陸する飛行機の様子を楽しむことができます。ここの離着陸を表現するシステムは最も巧いと思います。Youtubeにそれらをコントロールする裏側の特集動画がありました。大量のモニタが並んだ巨大なコントロールルームで各エリアの鉄道・飛行機・車両・照明・時間帯の変化などを制御しているのは知っていましたが、走り回っている大量の車両の充電をこんな風にやっているとは知らなかったです。

 

http://www.miniatur-wunderland.de/

 

JUGEMテーマ:ミニチュア

Check
category:その他博物館・ミュージアム
comments(0), trackbacks(0)